食事

ナガバギシギシによる血液を浄化する効果

2013.12.08 ライフサプリメント編集部

ナガバギシギシによる血液を浄化する効果

ナガバギシギシとは

ナガバギシギシはヨーロッパ原産のタデ科の多年草です。ナガバギシギシは日本には明治時代から広がり始めた帰化植物だと言われており、別名としてイエロードックとも呼ばれています。ナガバギシギシは根の部分を粉末にして薬用に使われています。肝機能を改善したり、血液を浄化したりする効果があるとされています。また慢性の便秘に穏やかな作用があり、副作用もなく痛みを伴わない下剤としても重宝されています。こうした便秘の解消作用の他に、消化不良を改善する作用や関節炎を緩和する作用、皮膚トラブルに関する病気を改善する作用などの効果にも期待できるとされています。

ナガバギシギシの効果効能

ナガバギシギシはイエロードッグルートという植物が国外から日本に持ち込まれたヨーロッパ原産の帰化植物の和名です。タデ科の植物で根っこを粉末にして利用しており、ハーブティーとして飲用することもあります。ナガバギシギシは腸を刺激し便通を良くするアントラキノンという成分を含んでいるため、腹痛が起こらない緩やかな下剤としても利用されています。また胆汁の分泌を促す作用もあるので肝機能の改善や地を浄化する作用があります。ニキビなどの皮膚の疾患にも効くといわれクリームに配合されていることもあります。しかし腎臓結石の既往症の方には使用注意がありますので医師と相談が必要です。

ナガバギシギシの摂取量の目安

ナガバギシギシはヨーロッパ原産のタデ科の多年草で、血管や消化器からの老廃物排泄する、所謂デトックス効果が期待できる植物です。ナガバギシギシは『ハーブの英雄』と呼ばれるほどその即効性がもてはやされています。昨今はサプリメントとして手軽に摂取することが出来ますが、摂取方法や目安について紹介します。(ティーバックタイプの場合)
・ティーバック一袋に付き180mlの熱湯を注ぐ
・3分ほど置いてティーバッグを取り出してお飲みください(取り出す前にティーバッグを絞るとより風味が出て美味しいです)
・お好みで蜂蜜を入れても美味しいです。

※あくまでも一例です。

ナガバギシギシの副作用

ナガバギシギシは根を粉末にしたものが薬用とされています。ヨーロッパ地方が原産とされており、別名はイエロードックと呼ばれています。肝機能を改善する効果や、便秘・消化不良の改善、関節炎を緩和するなど様々な効果があります。また鉄分を多く含むので、鉄欠乏性貧血にも効果的です。便秘だと緩やかな作用のため、副作用も反作用もなく痛みのない下剤として多くの方が愛用されています。ナガバギシギシはサプリメントやハーブティーとして摂取することが出来ます。しかし、摂取しすぎや小児が摂取した場合に下痢をすることがあります。また尿路結石になる事もあるので、結石の不安がある方は控えたほうがいいとされています。

ナガバギシギシを多く含む食品

ナガバギシギシはサプリメントとして使用されます。タデ科ギシギシ属の多年草で、ヨーロッパ原産の帰化植物で、明治時代中期に渡来しました。日本全国の荒地や道端に生え、草丈は80cmから1.5mになります。ナガバギシギシは、根の部分を粉末にして使用します。古くからガンなどによる衰弱に用いられました。下剤として使うと腹痛を伴わず、穏やかに作用します。また、強力な血液浄化作用があり、皮膚感染症などにも高い効果があります。鉄分を多く含み、鉄欠乏性貧血にも有効で、女性に嬉しいサプリメントです。そのほか、利尿促進、肝機能、消化不良や関節炎の改善、体内の毒素を排出する作用もあります。