食事

少し工夫で、肥満を防止する食事法とは?

医学的に解明されている痩せるための食事の摂り方

2016.10.25 ライフサプリメント編集部

医学的に解明されている痩せるための食事の摂り方

痩せるということは、健康的に生活を過ごしていくために重要です。
健康的な生活のために、体重や体脂肪を確実に落としていく「食事法」と呼ばれるものがあります。
食事はほんの少し工夫をすることで、肥満を防止することができます。朝、昼、夜の三食を無理に制限をすることなく、健康的な方法で痩せることが可能なので、ぜひ実践してみましょう。

空腹感を感じるメカニズム

食事をしっかりと食べながら痩せるためには、人間のホルモンについて把握しておくことが重要です。
ホルモンのことを理解すれば、どんな人であっても確実に痩せる体質へと向かっていけるはずです。
ホルモンの一種に血糖値と関連性の高い、インスリンと呼ばれているものがあります。人間の脳というものは、血糖値が下がることで勝手に空腹感を感じてしまいます。つまり、本当に空腹かどうかは関係がなく、体内の血糖値が下がった段階でお腹が減ったと感じるのです。
このホルモンのメカニズムを知っておくことで、空腹感をコントロールすることができるのです。
ご飯を食べたときに血糖値が上昇しますので、そのときに脳内ではインスリンが分泌されて血糖値を下げる働きをします。インスリンの分泌作用によって血糖値が正常の状態に下げられると、再びお腹が減ったと感じてしまいます。
反対の作用を及ぼすホルモンとして、グルカゴンというものがあります。
グルカゴンは分泌されることで血糖値を上げる働きがありますので、グルカゴンが多く分泌されることで血糖値を保ち、空腹感を感じにくくすることができます。

食事の分量と食べる順番

空腹感がどのようにして生み出されるのか理解できたうえで、痩せるための食事の摂取方法を知っておきましょう。
減量することはそれほど難しいものではありません。
食事を摂る回数を減らす必要はまったくなく、メカニズムを知って食事を摂るようにするだけです。
この方法には個人差は一切ありません。単純に人間のメカニズムを把握している人かしていない人かの「差」だけです。
食事を摂取するときには、炭水化物を10パーセント、たんぱく質を30パーセント、野菜を60パーセントの割合で食べます。
さらに、食べる順番は野菜、たんぱく質、炭水化物の順に摂取すると良いでしょう。
1食分の炭水化物は手のひらに乗る分量の半分ほどで、野菜は両手のひらに乗る程度の量を食べます。
この分量の配分と順序を間違うことなく食べることで、体内のホルモンバランスを調節できます。
この方法で確実に痩せることができるのです。

最後に

このように、食事法をメカニズムとして知ることと、実際その知識を食事をするときに実践することができれば、健康的に痩せることができます。
健康的に生活を過ごしていくために、理想的な体型を目指しましょう。